賃貸経営のオーナーにとって重大な問題である空室対策には人情が効果がある?

空室対策をするのは、賃貸経営ではとても重要なことです。空室状況が多くなることは、賃貸経営の失敗の元ですので出来るだけ空室状況を下げたいものです。そのためには、やはりある程度のコストがかかりますがそういった部分にお金をかけすぎると、今度は家賃収入による収益を上回ってしまう場合もあります。

なので、コストをなるだけ抑えて空室率を下げる裏技をお教えしましょう。

■意外な効果人情文化
実は、空室対策には人情文化というものが結構効果的なんです。日本人は人情に弱いなんて言いますが、これは謂わば入居者の安心を保証するというようなものになっています。例えば、オーナーが入居者と顔合わせをしたり挨拶をしたりすることでオーナーの人柄を見せるというのも一つの手段になるんですね。

■オーナーの人柄を知らせる
入居者の生活に踏み入ったようなことは逆効果になりますが、例えばオーナー自らトラブルや問題があったらいつでも相談してほしい、というようなことを言うだけで頼りになるオーナーだ、という風に見られます。オーナーの顔を知っている、ということなどが間に入ることで契約の上だけでなく人間同士の関係というイメージを構築しやすいんですね。

そのほうが、何かしらのトラブルの際にはやっぱり相談しやすくなりますし何より退去しようとすることが減るというのが大きいです。

■まとめ
こう云った、人情を見せるというのは心理的にはとくに入居者にはもちろん入居予定の下見をしに来た人などにも効果的です。また、退去者を増やさないために例えば最初の更新料を免除するというようなことをしてあげるだけで、長く入居してくれやすく空室を増やさないという意味での対策になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング