賃貸経営には借主のニーズを正しくはかることがとても重要になってきます

賃貸経営で空室対策をするためには、まずは借主のニーズというものを正しく把握しなくてはいけません。賃貸経営も、普通の商業と同じく顧客の欲しているものを提示出来なければ書い手はつかないのです。いい物件を用意しても、それがニーズに合っていなければ意味がないということですね。

■借主の条件を知ろう
賃貸経営でも、顧客の欲する条件というものに合致するかどうかはとても大事なことです。借主の主な層が独り暮らしで、スーパーやコンビニなどが近くにあることを求めているのにホームセンターが近くにあって保育園などが充実しているファミリー向けの部屋数の多い賃貸物件を宣伝しても空室条件は中々埋まりません。

その土地のエリアの需要と、借主の主なターゲット層、そして求められる条件を正しく把握することが代位zです。

■条件の要素について
家賃や間取り、立地などの物件情報はあくまで基本になります。実際、ターゲット層が同じであれば基本条件は割かし似たりよったりになりますので、それを満たすだけでは他の競合する賃貸物件の情報に埋もれてしまいかねません。そうなっては空室対策を見込むのは難しくなるでしょう。

なので、さらにそこから見込み客がどんな物件条件を求めているのかという情報収集が重要になってきます。

■まとめ
昨今では、オーナー本人が見込み客の求める条件というものを直接聞いていくというのも空室対策の一環としてみられるようになってきました。設備の増設などは、結局オーナーが指示を出さなければ実現することはありませんからね。逆にそういう取り組みをすることで、顧客がこのオーナーはニーズに応えてくれる人だと思うと、契約も結びやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング