空室対策をするなら管理会社をチェックして信用して賃貸経営をお願い出来る業者を選ぼう!

賃貸経営をしていく上で空室対策は避けては通れない問題だと言えるでしょう。そんな、空室対策をする際には様々な要素を見逃さずにチェックし、正しくアプローチをしていくことが必要不可欠です。そんな中でも、空室対策の一環として賃貸の管理会社についてよく知るということが挙げられます。

■賃貸管理会社の仕組みを把握しよう
賃貸管理会社、というのも実は完全に同じマニュアルを持って動いているわけではなく会社ごとの違いがありそれが空室率に大きくかかわってくる場合もあるのです。例えばですが、賃貸管理会社でも業者によっては入居者の募集を得意としているものもあれば物件管理が得意な場所もあるのです。

なので、その賃貸管理会社の得意分野と不得意分野というものを正しく把握しないと正しい対策をとることができません。

■不得意分野を補おう
逆に言えば、その賃貸管理会社が得意ではない分野をオーナー側が改善する働きかけをすることによって空室状況を改善することもできるということでもあります。問題が、物件の管理なのかそれとも入居者を募集するための広告なのか、どちらに問題があるかを見つけ出すだけでも空室対策の経営方針を固めていくには指針になるかと思います。

また、得意分野が入居者募集であったとしてもその管理会社の物件の見せ方と実際の魅力の乖離がないか客観的な判断も重要になります。

■まとめ
空室対策は、オーナーだけが動けばいいものではありません。管理会社が間に入っているのであれば、その管理会社との相談なども非常に重要な意味を持ってきます。その際に、オーナー側から意見を出す場合はその管理会社が得意分野にしていることではない問題などを挙げられるよう調査が必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング