空室対策の種類を学んで正しく改善することで安定的な賃貸経営からの収入が期待できます

賃貸経営を円滑にするために空室対策をするためには、まずはどんな空室対策があるのかということを知らなければいけません。問題がわかっても、それをどう改善していいかわからない、では空室対策を正しく行うことができませんからね。空室状況を改善するためにも、まずは空室対策の方法を学びましょう。

■空室対策の種類を知る
賃貸経営における空室対策の主な種類は物件の改善、家賃などの見直し、そして募集の窓口の増加です。物件の改善はリフォームや設備の増設など、不十分な部分の補充や修繕などが主だったものになりますね。とくに外観などは築年数が増えると老朽化して来ますので物件の保全は重要です。

家賃などの見直しに関しては、近隣の競合賃貸の条件や家賃の相場、敷金礼金の設定などが挙げられます。

■最も重要な空室対策
その中でも、とくによく見なければいけないのが募集の窓口の増加です。どんなにいい物件を用意しても、その情報を知る窓口や知っても応募するための窓口がなければ入居者は増えませんからね。なので、窓口などの増設のためにネットワークを用いた入居希望のための窓口の増加や管理会社、不動産会社の広告宣伝を利用するなど、様々な部分での宣伝取扱の幅を広げるということが重要になってくるのです。

■まとめ
基本的に、空室対策の中でも物件自体に問題がある場合は問題点がすぐに見えてきます。しかし、広告や窓口などの問題はしっかり調べないと中々出てこないという厄介さがあります。物件自体はいいはずなのに、なぜか空室状況があまり改善されないという人は一度、その物件への窓口が狭くなっていないかということを確認するといいでしょう。

そう言った見直しが空室対策の一歩になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング