賃貸経営の空室対策については専門の業者としっかりと相談していきましょう

賃貸経営において、最も大きな要になるのが空室対策です。賃貸経営の収益の比率で最も大きく占めるのが家賃収入である以上家賃を払う入居者がいないという空室状況はリスクとなると言っていいでしょう。とくに空室率の高い物件のオーナーは賃貸経営の先行きとしては非常に致命的です。

■空室対策の極意
まず、そもそも日本の賃貸物件における空室率というものを把握しなくてはいけません。勿論、満室であるにこしたことはないのですが平均の数字をみることによって現在の自分の賃貸経営における空室状況は過多なのか、平均以内なのか、それとも少ないのかによって賃貸経営の方針も変わってきますからね。

ここ数年の統計によれば日本の賃貸物件の空室率は、およそ20%前後と言われています。6件の内1件は空室というわけですが、これは賃貸経営者においては中々多い平均値になっていると言えますね。

■比率からみる空室対策
まず、この空室が比率が自分の物件のほうが多いか少ないかを見極めましょう。少ないのであれば、物件自体の問題はそれ程多くはなく環境や周囲などの問題であることが多いかもしれません。なので、地域性を取り入れた設備や環境整備などが重要かもしれません。

賃貸経営の空室対策については専門の業者としっかりと相談していきましょう

逆に多いのであればそれは物件自体に魅力がないなど、抜本的な物件の改善が求められるので、コストの問題はありますが大きな改善が必要かもしれません。

引合い★賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

■まとめ
賃貸経営と空室対策は切っても切れない関係です。だからこそ、現状を正しく把握して空室対策を行っていくことがとても大事なんですね。問題点を正しく認識し、その問題点に対して適切な改善をしていくことがまずは空室対策の第一歩になるのだと言っていいでしょう。

◆賃貸経営の空室対策の正しい取り方
賃貸経営において、空室リスクはできるだけ避けたいもの。しかし、空室リスクを完璧に避ける方法などはありません。だからこそ、より空室リスクを上手に回避しなるだけ空室状況を作らないための空室対策が必要になってきます。賃貸経営をする上で、どういった空室対策が有効でリスク回避になるのかということを開設しましょう。

■空室の原因を追及する
まず、一番大事なのは問題を正しく把握することです。なぜその空室があるのか、その問題点の原因がわからなければ対策の仕様がありません。所有物件の設備が問題なのか、立地が問題なのか、広告活動が問題なのか、どこに原因があるのかを妥協せずに追及することで空室対策の一歩を踏み出すことができるでしょう。

とにかく、まずは賃貸経営の流れをコントロールできなければどうしようもありません。

■原因に対する適切な改善
空室の原因がわかれば、後はその問題を解決するだけなのですが賃貸経営における物件の問題というのは解決しようと思ってすぐに解消することができるようなものではありません。賃貸物件の設備などの追加や改善はコストがかかりますし、立地条件の悪化などは家賃の引き下げなどを行わないといけません。

広告活動についても広告宣伝費がなければ追加はできませんからどれもコストがかかります、だからこそ正しい改善を無駄なくする必要があります。

■まとめ
賃貸経営をしていく上で、どうしてもぶつかってしまう空室問題は対策をしようとすると必ずどこかでコストがかかってしまいます。なので、そのコストをかけた改善策が外れないように徹底した調査と情報収集が重要視されるのです。改善策は絶対にはずしてはならない以上慎重かつ大胆に行わなければいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加